「ほっ」と。キャンペーン
先週土曜日の出来事…
朝食後、お客様がスキー場へ向かう朝の時間に、
突然2人の若い女性が「トイレを貸してください。」と訪ねてきました。

聞けば、スノーシューをするために来たのだけれど、お手洗いがないからだとか。。
「もちろんいいですよ。」と使っていただきました。
ペンションから下を見てみると、ウチの駐車場の少し離れたところに1台の車が。
そこでその女性達を含む2組のカップルがスノーシューの用意をしていたので、
「あ、渓流公園に向かって歩くのかな??」と。
ゲレンデ以外でも冬の楽しみ方があって、人それぞれでイイなんて思ってました。

午後になって、たまたま外を見ると、その4人が戻ってきて帰り支度をしているところ。
で、その車がいなくなり ふとそこに何か忘れ物らしきものが。。
とりあえず保管しておこうと近寄ると…


そこには飲み終えた空のペットボトルとタイヤチェーンの空箱など、
ゴミが散乱。。。


「ありえへん! マジでありえへん!! (キム兄風)」


まさか自然を楽しんだ後に平気でゴミを捨てるなんて、考えもしてませんでした。
しかも一面雪に覆われたところに。。
もうなんか、イラ~っとした気持ちがおさまらずに
怒りや虚しさに締め付けられる思いでいっぱいでした。


そんな気分のまま、ボーっと窓の外に目を落としていると…
3歳の娘がひとこと、



「パパ~ きょうお山がすっごいきれいに見えるね~♪♪」



この娘のひとことで救われました。 我に返りました。

僕が怒ったり嘆いても仕方ないんですよね。
心から3歳の娘に感謝した1日だったなぁ(^^)



(こんなことブログで書く必要ないかもしれませんが、
 これもただの親バカということでお許しを♪)
[PR]
by pepajam | 2009-01-21 21:54 | つぶやき
<< スキー合宿 裏山バックカントリー >>